コーヒーの豆知識

美味しいコーヒーとは「鮮度・豆・淹れ方」にこだわったコーヒー♪

どのコーヒーをおいしいと思うかは人の好みによって異なります。

 

ただ、世界共通で客観的に判断されるおいしいコーヒーを判別する基準があります。

 

美味しいコーヒーを判別する基準

・コーヒー豆の煎り方(深煎り、中煎り、浅煎り)

・コーヒー豆の原産国

・コーヒー豆のブレンド

 

あなたの中でのおいしいコーヒーを決めたい場合は、

「美味しいコーヒーを判別する基準」

3つの基準に照らし合わせて、

コーヒーを選ぶと毎回失敗せずに美味しいコーヒーを選ぶ事ができるようになります。

 

また、もっと簡単に美味しいコーヒーを選びたい場合には、

スペシャルティーコーヒーを選ぶのもひとつの方法です。

 

コーヒー豆は客観的な基準で判断された3つのランクに分ける事ができます。

美味しいコーヒー豆を分けるランク

・スペシャルティーコーヒー(最高ランク)

 

・プレミアムコーヒー(中級ランク)

 

・コマーシャルコーヒー(最低ランク)

 

 

多くの種類のあるコーヒー豆を選ぶのに迷ってしまう場合には、

スペシャルティーコーヒーに絞って美味しいコーヒー豆を探すのがおすすめです。

 

また、マスタッシュコーヒーなどの

スペシャルティーコーヒーだけを扱っている通販サイトでコーヒー豆を買えば、確実に美味しいコーヒーを買うことができます。

 

コーヒの美味しさは好みによって分かれる

コーヒーとコーヒー豆の画像

美味しいコーヒーは人によって好みが分かれます。

 

このコーヒーが絶対に美味しいと

完全な定義をすることはできません。

 

ただ、あなたの好きなコーヒーを決める基準を持つと理想の味と香りをもつコーヒーを探すことができます。

 

また、一度自分好みのコーヒーの基準を決めることができれば、

次買う時から迷うこと無くコーヒーを買うことができます。

 

ぜひ、自分はどんなコーヒーが好きなのか

一度勉強してみましょう♪

 

コーヒーは「鮮度」が一番大事

鮮度の高いコーヒー豆

コーヒーを美味しく楽しむために最も重要なのは鮮度です。

 

どんなに美味しいコーヒー豆を買っても

長期間空気に触れていると酸化が進行してしまい美味しさが損なわれてしまいます。

 

また、コーヒーを淹れた後の鮮度も大切です。

 

コーヒーは淹れたてが最も美味しい状態です。

 

コーヒーを淹れたらすぐに香りを楽しんで、なるべく早く飲み干しましょう。

コーヒーで大切な2つの鮮度

・コーヒー豆の鮮度

(コーヒー豆を長い間空気に触れさせるのはNG)

 

・淹れたてのコーヒーの鮮度を大切に

(時間が経ったコーヒーはおいしくない)

 

ぜひ、美味しいコーヒーを楽しむために「コーヒーで大切な2つの鮮度」を守るようにしましょう。

コーヒー豆は原産国で味が違う

コーヒー豆のイメージ画像

コーヒー好きの方はご存知の方も多いですが、

コーヒー豆は作られている国によって味が違います。

 

主にコーヒー豆を作っている国と国ごとのコーヒー豆の特徴をご紹介します。

 

品種名 産地・特徴
メキシコ メキシコ産

酸味と香りがともに適度で、やわらかい上品な味が特徴的です。

グァテマラ グァテマラ産

甘い香り、上品な酸味、芳醇な風味があります。

ブルーマウンテン ジャマイカ産

すべてのコーヒーの良さをあわせ持つと言われる、バランスの良いコーヒーです。

クリスタルマウンテン キューバ産

酸味と苦味のバランスがとれた上品な味が人気で、最高級品と言われています。

コスタリカ コスタリカ産

芳醇な香りと適度な酸味が混ざりあい、上品な味がします。

コロンビア コロンビア産

甘い香りとまるい酸味と、まろやかなコクがあります。

ベネズエラ ベネズエラ産

軽い酸味とやや独特の苦味、そして適度な香りがあります。

ブラジル・サントス ブラジル産

中庸な味、香りが高く適度な酸味と苦味があります。

ハワイ・コナ ハワイ産

強い酸味と甘い香りがあります。

モカ イエメン・エチオピア産

フルーツのような甘酸っぱい香りと、まろやかな酸味とコクがあります。

ケニア ケニア産

強い酸味が大きな特徴。キレがあり、後味もすっきりしています。

キリマンジェロ タンザニア産

強い酸味と甘い香りと豊かなコクがあります。

マンデリン インドネシア産

コクのあるやわらかな苦味と、上品な風味があります。

(引用:味の素AGF株式会社「コーヒ大辞典:コーヒー豆の種類」より)

 

主なコーヒー原産国13カ国のコーヒー豆の特徴を紹介しました。

 

上記の国別や品種別の特徴を知るだけでも今後のコーヒー豆選びに大きな参考になります。

 

また、喫茶店などでコーヒーを飲む際に

どんなコーヒー豆がブレンドされているかも

上記の表からわかりやすく理解することができます。

 

ぜひ、今後の美味しいコーヒー豆選びに生かしてみてください♪

 

コーヒーは淹れ方にもこだわろう♪

コーヒーを淹れている画像

コーヒーを美味しく飲むためには、

豆の鮮度豆の種類も大切ですが、

淹れ方にこだわるとより一層美味しくコーヒー飲むことができます。

 

今回はコーヒーおいしく入れる基本である

・豆の挽き方

・お湯の温度

を紹介します。

美味しいコーヒーの淹れ方

豆を挽く

粗挽き
粗挽きのコーヒー豆

ザラメ程度の大きさにコーヒー豆を挽く方法です。

 

フレンチプレスやパーコレーターなど、

お湯にコーヒー粉を浸けるよ淹れ方に向いています。

 

多めに粉を使ってドリップコーヒーで淹れるのもおすすめです。

粗挽きに適した器具

・フレンチプレス

・パーコレーター

・ペーパードリップ

・ネルドリップ

 

中挽き
中挽きのコーヒー豆

ザラメとグラニュー糖の中間ほどの大きさに挽きます。

ほとんどのレギュラーコーヒーはこの中挽きです。

 

コーヒーの濃さや味のバランスを取りやすいのが特徴です。

中挽きに適した器具

・ペーパードリップ

・ネルドリップ

・コーヒーメーカー

・サイフォン

・フレンチプレス

 

細挽き
細挽きのコーヒー豆

グラニュー糖程度の大きさまでコーヒー豆を挽きます。

苦味が抽出されやすく、マキネッタで濃いコーヒーを淹れるのに適しています。

 

苦味は低温では溶けにくくなるため、水出しコーヒーにも向いています。

細挽きに適した器具

・マキネッタ

・ペーパードリップ

・サイフォン

・水出しコーヒー

 

極細挽き
極細挽きのコーヒー豆

最も細かいパウダー状のコーヒー豆の挽き方です。

 

極細挽きは酸味が少なく、苦みが際立って抽出されます。

 

極細挽きは主にエスプレッソマシンで

コーヒーを淹れる場合に使用されます。

 

極細挽きに適した器具

・エスプレッソマシン

・イブリック

 

コーヒー豆の挽き方だけでも4種類あります。

 

豆の挽き方と豆の種類の

組み合わせは無限にあります。

 

ぜひ、コーヒー豆の挽き方にもこだわってあなた好みのコーヒーを探してみてください♪

 

お湯の温度にこだわる

コーヒーのためにお湯を沸かす

コーヒーの味は、

コーヒーを淹れる時の温度によっても変わります。

 

コーヒーを淹れる時の温度のポイント

・90℃以上⇒苦味が強い

・75℃以下⇒酸味が強い

「コーヒーを淹れる時の温度のポイント」にも書いた通り、

 

コーヒーは90℃以上の温度で苦味が強くなり

75℃以下で酸味が強くなります。

 

コーヒーは淹れるお湯の温度によって味が大きく変わってしまうのです。

 

もし、豆の味を純粋に楽しみたい場合は、

80℃のお湯でコーヒーを淹れると豆本来の香りと味を楽しむことができます。

 

本来の豆の味と香りを楽しんだ後は、

お湯の温度を変えて、コーヒーの味の違いを楽しんでみてください。

 

ラクして美味しいコーヒーを飲むには?

美味しそうなコーヒーの画像

美味しいコーヒーを飲むためには、準備することが多いです。

 

一方で、気楽に美味しいコーヒーを飲む方法があります。

 

それは、厳選されたスペシャルティコーヒーを買うことです。

 

冒頭で紹介したマスタッシュコーヒー

厳選されたスペシャルティコーヒーを提供する会社の一つです。

 

産地ごとにコーヒー豆を選ぶことができたり、

厳選された豆でブレンドされたドリップコーヒーを買うことができます。

 

また、コーヒー豆ごとに

一番美味しく飲める淹れ方を掲載してくれているのも

親切なポイントです。

 

ぜひ、ラクに美味しいコーヒーが飲みたい方は

マスタッシュコーヒーでお取り寄せしてみてください。

まとめ

コーヒーは、豆、焙煎方法、お湯の温度、器具などこだわればどれだけでもこだわることができてしまいます。

 

コーヒーが大好きな方は、

こだわった好きなコーヒーを淹れるために

コーヒーを趣味にしてしまうこともおすすめです。

 

一方で、

「コーヒーは好きだけどそこまでこだわるのはめんどくさい」

という方が大半だと思います。

 

ぜひ、そんなラクして美味しいコーヒーが飲みたいあなたは、

美味しいコーヒー豆を販売している通販サイトを活用してみてください♪