コーヒーの豆知識

コーヒーの酸味の原因は【焙煎度合い】!焙煎度の特徴を覚えよう♪

焙煎されたコーヒーのイメージ

コーヒーは、

・豆の種類

・焙煎方法

・豆の挽き方

・お湯の温度

などコーヒーを淹れる過程のそれぞれの方法の違いで味が変わります。

 

特にコーヒーの苦味酸味は焙煎方法によって大きく異なります。

 

酸味が強いコーヒーは、あまり長い時間火を通されることのない

「浅煎り」によって焙煎されているコーヒー豆です。

 

反対に苦味の強いコーヒーを飲みたい時には、

「深煎り」のコーヒーを飲むようにしましょう。

 

焙煎度合いを覚えるだけでも自分の美味しいコーヒーを選ぶ基準にすることができます。

 

ぜひ、この記事でお伝えする焙煎方法を覚えて、

自分好みのコーヒーを選べるようになりましょう♪

 

美味しいコーヒーとは「鮮度・豆・淹れ方」にこだわったコーヒー♪どのコーヒーをおいしいと思うかは人の好みによって異なります。 ただ、世界共通で客観的に判断されるおいしいコーヒーを判別する...

 

コーヒの酸味の原因は「焙煎度」

コーヒーに強い酸味を感じる場合は、

「浅煎り」のコーヒーを飲んでいるからかもしれません。

 

コーヒーは、生のコーヒーを煎って火を通す焙煎という行程があります。

 

日本では、味の違いを細かく表すために

ライトローストから

イタリアンローストまで

8種類の焙煎度合いがあります。

 

スターバックスコーヒーなどのカフェの店員さんであれば、今日使われているコーヒー豆がどの程度の焙煎度合いの豆なのかを丁寧に教えてくれます。

 

また、カルディーコーヒーファームでコーヒー豆を買う場合などにはレジ付近のコーヒー豆売り場のディスプレイに焙煎度合いが細かく表記されているので、

ぜひご覧になって見てください。

酸味の強い焙煎方法は主に2種類

酸味の強いコーヒーは冒頭でもお伝えした通り焙煎度合いの低い「浅煎り」のコーヒーです。

日本で浅煎りとされる2種類の焙煎方法をご紹介します。

ライトロースト

ライトローストのコーヒー豆

最も浅い焙煎度がライトローストです。

 

酸味が際立っていて、香りや苦味をほとんど感じることができません。

 

一般的に飲まれることはほとんどありません。

 

焙煎のテスト

豆の特徴を確かめるため

コーヒー業界の人達が用いる焙煎方法です。

 

シナモンロースト

シナモンローストのコーヒー豆

ライトローストに比べると香りを感じることのできる焙煎方法です。

 

しかし、2番めに浅い焙煎方法のため、酸味が強く苦味はありません。

 

ライトローストと同様にテスト用に使われることの多い焙煎方法です。

 

ただ、良質な豆であれば

ブラックコーヒーで味を楽しむことのできる焙煎方法

でもあります。

 

一般的な味と香りが出る「中煎り」

喫茶店などで使われ、世の中の人が一般的に飲んでいるコーヒーは

中煎りで焙煎されたコーヒー豆です。

 

中煎りの焙煎方法3種類をご紹介します。

 

ミディアムロースト

ミディアムローストのコーヒー豆

コーヒーらしい香りを感じることのできる焙煎方法です。

 

ミディアムローストされたコーヒー豆は、色づきが一般的なコーヒー豆の色に近づいていきます。

 

味は、浅煎りに近いため酸味が強いです。

しかしながら、ほのかな苦味を感じることもできます。

 

ミディアムローストは

アメリカンコーヒーに向いている焙煎方法です。

 

ハイロースト

ハイローストのコーヒー豆

喫茶店で飲まれることの多いコーヒーが

ハイローストで焙煎されたコーヒーです。

 

最も一般的な焙煎度合いのひとつです。

 

色もコーヒー豆らしい深めの茶色をしています。

 

味も酸味・苦味・甘みのバランスが良く

ストレートコーヒーで飲むと

豆本来の味を楽しむことができます。

 

シティロースト

シティローストのコーヒー豆

中煎りの焙煎度合いの中でも深煎りに近いのがシティローストです。

 

ハイローストに比べて、豆の色が濃い茶色まで煎られている焙煎方法です。

 

ハイローストは、酸味が抑えられていて、

深煎りに近い苦味やコクを感じることができます。

 

酸味の強いコーヒーが苦手な方にはクセの少ない

シティローストの焙煎度合いがおすすめです。

 

苦味の強い「深煎り」の焙煎方法3種類

フルシティロースト

フルシティローストのコーヒー豆

中煎りに近い深煎りのコーヒーです。

酸味が弱くなって、苦味が強調されています。

 

また、深煎り独特のロースト感を味わうことができます。

 

フルシティローストは、

アイスコーヒーエスプレッソに最も適した焙煎方法です。

 

フレンチロースト

フレンチローストのコーヒー豆

シナモンローストと対極にある焙煎度合いです。

 

酸味がほぼなくなり、苦みとコクが際立つ焙煎方法です。

 

また、フルシティローストに比べて焙煎度合いが深くなるため、

ずっしりと重い味わいになります。

 

牛乳を加えてもコーヒーの味がしっかりと残るため、

カフェオレやアレンジコーヒーに向いている焙煎方法です。

 

イタリアンロースト

イタリアンローストのコーヒー豆

最も深い焙煎度合いです。

 

酸味を感じることはほぼできません。

 

濃厚な苦味強い香ばしさを感じることができます。

 

コーヒー豆の色も黒に近い色になっていて、

豆の表面には油脂が浮いていて光っているのが特徴です。

 

強い苦みと香ばしさを感じることができるため、

エスプレッソに向いている焙煎方法です。

 

コーヒー豆は保管方法にもこだわろう!

おいしいコーヒーを飲むために焙煎方法にこだわっても、

保管方法がずさんな場合は

コーヒー豆が劣化してしまいます。

 

焙煎されたコーヒー豆をおいしく飲める期限は2週間程度です。

 

コーヒー豆を買う時には2週間程度で飲みきれる量を買うのがおすすめです。

 

まとめ

おいしいコーヒーを飲むためには自分好みのポイントを押さえなければなりません。

 

ぜひ1種類のコーヒー豆で今回紹介した8つの焙煎方法を試してみてください。

 

自分で焙煎して味を飲み比べてみると

味の違いをしっかりと感じることができます。

 

ぜひ、自分好みのコーヒーを見つけるためにも自家焙煎にチャレンジしてみてください♪

 

コーヒーを楽しむ女性
コーヒーの効能は心肺機能増強・集中力増強・がん抑制効果がある!コーヒーは昔から健康に悪いと言われたり、 健康に良いと言われたり正確な情報を知ることができませんでした。 しかしなが...